医療費控除は10万円以上とは限らない

医療費控除
よく医療費控除は10万円以上といわれますが、必ずしもそうとは限りません。
次のどちらか少ない方の金額を超えた部分が医療費控除額になります。
  ・所得金額×5%
  ・10万円
例えば、収入が給料180万円のみの場合、所得金額は108万円になりますので、
  108万円×5%=54,000円<10万円
となり、54,000円を超えた部分が医療費控除額になります。
ただ、医療費控除額がそのまま返ってくるわけではありません。
その一部(所得税と住民税をあわせて、15%~)が返ってくる場合がありますが、返ってこない場合もあり、ケースバイケースです。